ウェブサイトを開設してからしばらく更新をしてませんでしたので、やっと一つ投稿したいと思います。

普段、身体を動かしている時、使っている時にどれだけの筋肉が働いているのでしょうか?
筋肉は多少個人差はありますが、全身に400以上あります。
筋肉にも大きいものや小さいものがあり、大きい筋肉ほど小さい筋肉より強力に働いています。

そして、荷物を持ちあげるや立ち上がるなど、日常の動きを行う際にたくさんの筋肉が働いています。
しかし、身体の動かし方を知らずにこのような動作を続けていると働く筋肉に偏りが出てしまいます。
その結果、ぎっくり腰など急な痛みに繋がることになります。

そうならないために、極力たくさんの筋肉を働かせて負荷を分散させなければなりません。
例えば、荷物を持ち上げるときは、腰を曲げるだけではなく、足を揃えずに前後にずらし膝を曲げて持ち上げるなどで、このようなちょっとした工夫を行うことにより痛めるリスクを減らすことができます。

皆さんも身体を動かす・使う際は、身体全身の筋肉をうまく働かせてあげましょう。
身体の動かし方や使い方は、おいおい載せていきたいと思います。

関連記事

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします。