これだけ、テレビなどで違うと言っているのに未だに聞くのですが、『腰痛があるのなら、腹筋をやりましょう』です。
それよりも、もっと良いことはありますよね。

 

 

腹筋より柔軟性より使い方・動かし方

 

 

 

 

 

 

まずは、腹筋がつくと腰回りを筋力によって固定力が出て、コルセットと同じ効果があるからだと言われています。

しかし、これには決定的な欠点があり、腰痛持ちの僕も経験済みなんですが、一般的な腹筋をつける筋トレは少しやると腰部に痛みが出てきてしまい続けられないことです。一応、痛みの出にくい筋トレもあるのですが、やはり痛みは出てきますね。

しかも、筋トレは筋肉を縮ませてそれを繰り返しやることによって筋力をつけるため、筋肉自体が縮こまったままで硬くなってしまい柔軟性が減少し、動きや姿勢を取る際に硬くなった筋肉が邪魔をして痛みが出てきてしまいます。

 

 

 

 

 

 

そして、次に出てきたのは『ストレッチをしっかりやりましょう』という事です。これは、筋トレのみをやるよりはよっぽど良いと思います。筋肉の柔軟性が出てくれば、色々な姿勢を取る際に筋肉が張って負担をかけることがないからです。

これも、筋トレとは逆でストレッチで伸ばしただけの筋肉では力が入りにくいため、色々な動きや姿勢を取る際にしっかり筋肉に力が入らないため、それは維持するのに必要以上に負担が掛かり、これも痛みが出てきてしまいます。

最近では、体操系が流行っていますね。体操の種類は色々ありますが、体操をして縮めたり伸ばしたりすることで、筋トレとストレッチの効果が両方とも期待できますね。

ここで、一番期待できるのが体操をすることで柔軟かつパワフルに身体を使い、動かすことができるため、痛みが出にくくなるんです。

体操系で重要だと思うのは、今までにも何度もお話ししていると思いますが、より多くの筋肉を使い、動かす事です。
足をあげるときは、太ももをしっかりあげるだけではなく足首もしっかり曲げる。腰を横に曲げるときは、腰だけではなく股関節もしっかり曲げるようにするなど、筋肉を多く使い、動かすようにしましょう。

そうすることで、腰痛が出ない柔軟でパワフルな身体を身につけましょう。

関連記事

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします。