慣れというのは、どんなことにでもあると思います。そして、最初は慣れるまで必死だということもあって一生懸命慣れようと集中するはずです。

例えば・・・

仕事では、始めた頃は分からないことばかりでミスもすることもありますが、教えてもらった事や注意されたことに対しては意識して次からは同じミスをしないようにと気をつけるものです。

人間関係では、初めてお会いする方や久し振りに会う方などと話すときは、相手がどのような人なのか分からないというのもあるので、会話をする時にも気をつけながら話すし、相手の話もしっかりと聞いたりとするでしょう。そういう僕も、最近は交流会などに参加したりして、初めての方とお会いする機会が増えましたし、仕事でも紹介していただいたお客さまも初めましてなので、色々と接し方を気にすることが増えています。(僕の場合、多人数での会話や初めての場になるとなかなか喋ることができないので、現在練習中です(笑))

上の写真は、先日facebookでお知り合いになった松田さんの誕生日パーティーに御呼ばれされて、参加させてもらった時の写真です。松田さん含め、皆さん完全初対面だったので正直タジタジでした(汗)

身体のことでは、スポーツやトレーニング、ストレッチも同じように始めた頃は色々と集中しながら怪我をしないように早く慣れようと頑張るはずです。

しかし、これが慣れ始めてくると厄介なのです。

これはいつもと同じだから、もうできるななどと油断が出てきてしまい、集中力を欠くことで色々なミスをしてしまいます。しかも、始めた頃よりも大きなミスをすることがあるのです。人間関係では、何度も会うにつれてお互い慣れてくるため、相手への配慮が足らないことを言ってしまったり、相手の話を話半分で聞くようになったりと相手に失礼な態度を取ってしまうことがあります。字は違いますが『馴れ馴れしく』なってしまったりします。そうすることで、せっかく仲良くなったのにだんだん疎遠になってしまったりと折角の出会いを台無しにしてしまいます。

身体では、スポーツでは慣れてくるといつもと同じためストレッチやアップを怠ったり、競技中の集中力を欠いてしまい、ミスが増えたりして、最悪の場合怪我をしてしまいます。トレーニングやストレッチなどでも、慣れてくると集中力を欠いてしまい負荷掛けている筋肉や伸ばしている筋肉への意識が弱まってしまい、効果が出にくくなったりします。そして、やり過ぎにより筋肉を痛めてしまうなんてこともよくあります。

このように慣れ始めた頃ほど、色々とミスをしたり失礼なことをしてしまったり、怪我をしてしまうなんてことは皆さん結構経験あるのではないでしょうか?

なので、改めて言います。慣れ始めた時こそ今一度気を引き締め直し、そういった事のないようにしていきたいですね。そして、慣れがどんどん続く事で身体への定着が強くなり、そういったミスなども減っていくんです。仕事でなら作業効率も上がり、ミスも無くなるだろうし、人とはより濃い人間関係を作ることもできるでしょう。スポーツなどでは、その道のプロ選手にだってなれるかもしれません。

そう、人としてさらに高みへ近づけてくれるのです。

僕自身も、整体に携わるようになって13年経ちましたが、最初の頃と比べると自分でも変わったなと思えるようになりました。しかし、まだまだ道半ば?いや、新たな道を始めたばかりであるのでより精進していきたいと思います。

関連記事

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします。