デトックスについて考えてみました。果たして何が一番いいのか?

デトックス、これは良く聞く言葉だと思います。そして、なんとなくではあるがどういった事かということも知っていると思います。そして、これらには身体の調子を良くし高める効果もあります。

デトックス(detox)は、生理学的・医学的に生物の体内に溜まった有害な毒物を排出させることである。 この呼び名はdetoxification(解毒、げどく)の短縮形である。 体内から毒素や老廃物を取り除くことである。Wikipediaより引用

この毒素を出す方法は、色々とあり例えば、サウナなどで沢山汗を出したり、排尿・排便もそうです。そして、医療などでは薬物中毒の解毒でも勿論言います。しかし、健康な状態で正常に行えればいいのですが、そうじゃない場合もあります。

僕の場合は、急性胃腸炎になり腹痛が酷く、飲食をしてもすぐに腹痛になってしまうため、全然飲食できず、病院に行ったときには脱水症状になっていました。なので、点滴の針を刺すときも血管にうまく入らず何度も刺されました。元々、入りにくいと言われているし注射嫌いだしと二重苦どころか三重苦でした(笑)

しかし、これはまだ良い方でお薬を処方されてすぐに良くなりました。問題は、もう一つの方で蜂窩織炎といものです。これは、皮膚上にできる細菌感染症です。身体のいたるところに炎症症状が現れ、僕の場合は太もも、お尻、頭部、鼻、腕といったような箇所に出てきました。炎症症状が出てくると、赤くなり、腫れも酷くなっていき、どんどん痛みが出てきます。一番腫れたのは太ももで左の太もも全体が赤く腫れました。しかし、一番痛かったのは、鼻でした。その箇所の痛みもそうなのですが、炎症による発熱と頭痛が酷くて、痛み止めがないと夜も寝れないほどでした。

これらの症状も、病院で処方された抗生剤と塗り薬などで、少しずつ良くなっていくのですが、その過程が一点に少しずつ炎症が集中していき、そこに膿が溜まっていくんです。そして、赤みが完全に引いた頃には痛みは無いのですが膿でパンパンになっていました。それが、大小ありましたが、完治までに4か月ぐらい続きました。お医者さんにも何故なるのかははっきりとは分かっていないそうで、ストレスだったり、何かしらで免疫力が低下したりといった事でも起こりえると言われました。正直、またなるんじゃないかと思うと怖いですね(汗)

それと、面白いものでやはりこの二つの病気が出てからはしばらくは以前より肌の調子や腸の調子も良くなっていました。辛い思いもしましたが、その分機能が高まるんですね!

蜂窩織炎について詳しく知りたい方はこちらから

膿というのは、炎症の際に死滅した白血球や細菌そのものが溜まってできているため、それを体外に出すという意味で、これも一つのデトックスです。こういった色々なデトックスがあると思いますが(僕の経験したようなデトックス方法は絶対に嫌ですが)、一番良いデトックス方法とはなんでしょうか?

それは、簡単です。何でもいいので汗が出るくらいの運動をすることです。そんなの当り前だと思うかもしれませんが、それが一番のデトックスだと思っています。なぜなら、汗をかくこともそうだし、運動することによって内臓の働きも良くなります。そして、運動することで、血流も良くなります。血流が良くなることで、コリの解消にも繋がります。コリができるとは血流が悪くなることによって、疲労物質や老廃物が溜まってしまう状態です。

そう、こんなに良いことばかりは方法はないのではないでしょうか?巷では、サプリメントに頼ったものやそれって本当に効果があるのといったものまで多々あります。もちろん、きっかけという意味ではいろいろ試されたり、運動の際に補助になるようなものは良いと思います。だからこそ人間本来が持っている機能があるのでそれをしっかりと働かせることが一番なのではないでしょうか?

今一度、原点に戻ってみてはいかがでしょうか?

気に入っていただけたらフォローお願いします。

関連記事